増税直前特集!!~これって本当に買うべき商品なの?~

レベル6 メルペイを使いこなしたい【中級者向け】

前回紹介させて頂いた『増税直前特集!!~今、焦って買うべきではない商品~』のについて深堀りをしていきたいと思います。最近は増税に関する記事が多く、あまりメルカリに関する内容に触れていなかったように感じますが、安心してください。今回はしっかりと触れていますので、ご安心下さい。

前回の記事を読んでいない方は是非読んでみて下さい。

増税直前特集!!~今、焦って買うべきではない商品~
何度かこのブログでも触れていますが、ご存知の通り令和元年10月1日より消費税が8%から10%へ変わります。軽減税率やキャッシュレス・消費者還元等、増税後にも現状または現状よりも低い税率で買い物ができる制度も存在しますが、実店舗で何を買う...

増税直前の今、実店舗で購入すべき具体的な商品を紹介していきたいと思います。

軽減税率の対象か?
キャッシュレス・消費者還元の制度対象店舗で購入できるか?

という点もポイントとなってきます。

増税前に購入すべきもの

今回は、家や車など数年に一度、一生に一度買うか買わないかなどの商品は除外しております。誰しもが必ず買う商品のみを選別しております。

 

日用品

購入おすすめ度⭐⭐⭐⭐⭐
メルカリでの購入⭐⭐⭐⭐
軽減税率対象外
キャッシュレス・消費者還元制度一部対象

 

①必ず使う

必ず使います。家に置いておくスペースがあるのであれば、多く購入する事をおすすめします。

 

②メルカリでも売っている

メルカリでも容易に買う事ができますが、以外と日用品ってスペースとりますよね。軽くても送料が高くついてしまう場合もあります。しかし、物によってはメルカリや楽天・amazonなどのECサイトでしっかりと見極めて購入する事でメリットがある買い物になります。

 

③キャッシュレス・消費者還元制度に一部対象

これは購入するお店側になりますが、店舗によっては制度の加盟店になっている可能性があります。増税後に購入する事で実質増税前よりも安く購入できるかもしれません。専用のアプリをダウンロードしてみてみましょう。

 

キャッシュレス・消費者還元対象店舗検索アプリ

アプリではなく、専用サイトから検索も可能です。

 

家具・家電

 

購入おすすめ度⭐⭐⭐⭐⭐
メルカリでの購入⭐⭐⭐
軽減税率対象外
キャッシュレス・消費者還元制度一部対象

 

①単価が高い

増税前に購入の検討をしている方は必ず購入をおすすめしています。誰しも家電・家具と言えば、価格が高いとイメージされる方が多いでしょう。
例えば、20万円の大型冷蔵庫を増税後に購入した場合、消費税が合計2万円。増税分の2%だけみても4,000円も支払いが増える事になります。

 

②メルカリでの希望したものが買える?

メルカリで家具・家電を購入、検索した事がある方なら、ご存知かと思いますが、新品の数が少ないといったところがあります。もちろん、一人暮らしで『使えればいい。』『安くすませたい』という方には適していますが、『最新の○○(メーカー名)の○○の機能がある冷蔵庫が欲しい!』という希望には、なかなか沿う事が難しいかと思います。

また、好みのデザインの新品に出会う確率も低いかと思います。

 

③キャッシュレス・消費者還元制度に一部対象

駅前などにある大型家電販売店などでは対象になりませんが、町の小さな個人経営の販売店での購入はキャッシュレス・消費者還元制度の加盟店になっている可能性があります。

 

チケット

 

購入おすすめ度⭐⭐⭐⭐
メルカリでの購入⭐⭐
軽減税率対象外
キャッシュレス・消費者還元制度対象外

 

①増税後も有効期限内まで使える

多くの遊園地やテーマパーク、美術館などの入場チケットには有効期限が存在します。その為、利用を予定している方には増税前に購入しておく事で、有効期限内であれば、追加料金なしで増税後も利用することができます。
※チケット毎に規約が異なりますので、ご注意を。

 

②年間パスポートは名前が必要

年間パスポートの購入を検討している方は必ず購入しておきましょう。
多くの年間パスは購入者の顔や名前が必要となり、家族でも使用する事が出来ません。増税後にどれだけ頑張っても、増税前の価格での購入はできません。

 

③メルカリでは多くが定価と変わらない

私も大好きディズニーリゾートのチケットは基本的にほとんど定価と変わりません。なので今、買うべし!また、年間パスも同様に購入者のみしか使えない物でメルカリでも購入できません。(購入しても使えません!)

 

定期券

 

購入おすすめ度⭐⭐⭐
メルカリでの購入
軽減税率対象外
キャッシュレス・消費者還元制度対象

 

①キャッシュレス・消費者還元制度対象

多くの方が購入した方がよいのか、悩んでいる為、書いておきます。個人的には焦って買う必要はないのかな?と思います。というのも、しっかりとした手順を踏みさえすれば、キャッシュレス・消費者還元制度の対象となる事が出来、還元を含めると現状の8%と変わらないからです。詳細は過去の記事を参照してください。

Suica・メルペイで最強タッグ!増税なんて恐くない。~JRE POINT登録編~
前回の記事で紹介した『10月1日の増税後より最大5%還元の「キャッシュレス・消費者還元事業」とは?』ですが、読んで頂けましたでしょうか? 消費税増税に伴い消費者ばかりへ負担が大きくなってしまう世の中ですが、経済産業省が10月1日より...

 

②メルカリでの購入不可

購入できませんので、普段使っている公共交通機関の窓口で購入をして下さい。

 

まとめ

個人的には上記4点の購入で、十分かと思います。

多くの方が利用するものはそれくらいかなぁと思います。

タイトルとURLをコピーしました