【期間限定“ほしいものシェア機能(おねだり機能)”実装中】クリスマス前の『メルカリの闇』

経験値2 新・旧機能・サービスの紹介

今年は連日、コロナ関連のニュースがテレビで報じられ、世界的に過去に類を見ないような一年となりました。

日常生活の中で様々な事に対して自粛や制限のかかってしまう一年でした。

こんな年の瀬ですが、今年もクリスマスの季節がやって参りました。

クリスマス直後にはメルカリに不要なブランド品が並ぶのは今やメルカリの風物詩。

この時期には毎年『メルカリの闇』を感じざるを得ません。

どんな内容か気になる方はメルカリの闇。クリスマスプレゼントしたブランド品が転売された・・・を参照下さい。

さて、今年はなんとクリスマス直後だけでなく、クリスマス前にも『闇』を感じさせてくれるようです。

コロナでクリスマス当日には会えないから早めにプレゼントを渡される方も増えてきているかと思います。

不要なブランド品はメルカリへご出品下さい。

すぐに売れるよう新たな機能を期間限定で実装しています。

という事でそんなすぐに売れる為の期間限定機能を紹介していきたいと思います。

新たな機能紹介の前に…メルカリで購入した未使用品をプレゼントする調査報告について

メルカリは男女1,032人に対し、「フリマアプリとクリスマスプレゼントに関する意識調査」を実施し、驚きの調査結果を得たようです。

出典元:メルカリ┃メルカリ、フリマアプリとクリスマスプレゼントに関する意識調査を実施 恋人・配偶者からもらうプレゼント、約3割は中古品OK

調査結果から約6割の方が「メルカリで購入したものを送る事・もらう事を新品(未使用品)であればよい」とアンケートに答えているようです。

これは本当にすごい結果だと感じています。

いい意味で「未使用であればお手頃価格で購入できるからOK」という考えに世間が変わりつつあるのでしょうか?

このような流れにあるのは事実かと思います。

需要の高い商品が発売されると、まず『転売』の問題がすぐに悪目立ちしていしまいます。

この間もプレーステーション5の転売が大きく問題となり、メディアにも繰り返し取り上げられていました。

『転売』が当たり前になった事により、「お店で買えなければ、フリマアプリで新品(未使用品)を買う」という思考が一般的になりつつあるのかもしれません。

今後、転売に関しては法律で罰さない限り無くなる事はないかと思います。

また、フリマアプリへの転売がこれ以上横行しても得をするのは出品者とフリマアプリの運営側だけです。

ほしいものシェア機能(おねだり機能)について

タイトルから予想がつくかと思いますが、メルカリで見つけた“ほしいもの”を家族、友人、パートナーへシェアできるようになりました。

使用方法はこちらから!

iPhoneの場合

出典元:メルカリ┃メルカリ、フリマアプリとクリスマスプレゼントに関する意識調査を実施 恋人・配偶者からもらうプレゼント、約3割は中古品OK

① メルカリで欲しい商品を見つけ、商品画面を開く。

② 商品画面をスクリーンショットする。 

③ スマホ画面上部に「この商品をシェアしておねだりしませんか?シェアする」と表示が出てきて、「シェアする」をタップして、好きな方法(SNSやメール)でシェア。(※シェアされるのは商品のURLのみになり、スクリーンショットで撮影した画像はシェアされません。)

androidの場合

出典元:メルカリ

Step2にて、画面右上のシェアマークをタップして、シェアをして下さい。

PCの場合

出典元:メルカリ

商品説明画面のコメント下にあるTwitterマークをクリックしてシェアをして下さい。

これだけでシェアが完了。あなたの欲しい商品をおねだりをしてみましょう。

クリスマス後に見られていた風物詩の『メルカリの闇』だけでなく、クリスマス前から未使用のブランド品が並ぶという“風物詩”が新たに見られるかもしれませんね。

Twitterキャンペーン「#私がクリスマスにほしいものは」

「ほしいものシェア機能」開始を記念して、キャンペーンを開催されます。

投稿期間:2020年12月25日23:59まで

20名にメルカリポイント30,000円分がプレゼントされるので参加してみよう

プレゼント応募方法

① Twitterのメルカリ公式アカウントをフォロー。

② クリスマスプレゼントに欲しい「メルカリ」の商品URLとハッシュタグ「#私がクリスマスにほしいものは」をTwitterに投稿。

応募方法は公式アカウントのフォローほしいものを1回、ハッシュタグ付きでシェアするだけ

 

タイトルとURLをコピーしました