国民生活安定緊急措置法に基づくマスクの転売規制施行

トレンドニュース

全世界で猛威を振るっているコロナウイルスですが、今現在でも感染予防の為のマスクの欠品状態が続いています。

コロナウイルスのニュースが出始めた頃からマスクの品薄が始まり、また多くの転売ヤーがマスクを高値で出品している事をメディアが取り上げ、大きな問題になりました。

そして、2020年3月10日「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました。

これにより、2020年3月15日以降、購入した衛生マスクを取得価格を超える価格で譲渡した場合に罰金が課されることが決定しました。

今回はその新たな政令について紹介したいと思います。

どうしたら罰則の対象になる?

販売された価格を超えた金額でマスクを売る場合に罰金が課されます。

小売業者から個人・事業者への販売は対象外となっています。

スーパー、ドラッグストア、ECサイトやオークション等で購入したマスクを転売する行為が対象となります。

具体的な罰則は?

一年以下の懲役若しくは百万円以下の罰金又はその双方が科されます。

対象のマスクは?

対象:家庭用マスクをはじめ、医療用マスクや産業用の使い捨て式防じんマスクなど、一般に市販されている健康・予防、衛生環境の維持等を目的に用いられるマスク

対象とならない:美容用フェイスマスク(美容パック)、使い捨て式でない防じんマスク(樹脂等の面体を有するもの)、防毒マスクなど

ハンドメイド・手作りのマスクは?

用途、素材や形状によっては対象となる場合があります。

現在、メルカリではハンドメイドのマスクも出品されていない為、罰則の対象となりそうな商品は全て削除とされていると思われます。

マスクインナーは?

対象外です。

マスクインナーとは、主にガーゼを使ったマスクの内側に取り付け花粉の侵入を防ぐことのできるものです。

現在のマスクインナーの出品状況

消毒用アルコールなどは?

現在、マスク同様に品薄状態が続いていますが、高額転売が横行しているとは言えないため、今回の規制の対象とはしていません。

現在の消毒用アルコール、除菌シートの出品状況

マスク程ではありませんが、明らかにお店での品薄、欠品状態が続いています。

同様にメルカリでもマスク程ではありませんが、定価以上の価格での販売が多く見受けられます。

この状況に対して、適切な判断と言えるのでしょうか?

トイレットペーパーは?

対象外です。

現在、メルカリでは出品が禁止されています。

メルカリの対応

2020年3月13日より、ハンドメイドを含む罰則の対象となるマスクの出品を一律禁止し、削除となりました。

タイトルとURLをコピーしました