メルカリのカテゴリー選択・一覧と商品の状態と基準

レベル3 メルカリで商品を出品するまでの基本的な流れ【初心者向け】

商品の写真撮影が終わったら、出品までもう折り返し地点です。

続いてはカテゴリー選択と商品の状態の選択方法についての解説です。

カテゴリー選択

1. 画像を選択していれば、画像を自動解析してカテゴリーを選んでくれます。
精度は高くありませんし、カテゴリーの種類もたくさんありますので決定する前に確認を。
2.画像を選択する前はカテゴリー欄は空欄になっており、事前に選ぶこともできます。
3.カテゴリーと商品の状態の2項目が必須となっていますが、商品のカテゴリーによってはサイズ・ブランドの選択肢が出てきます。(衣類や靴などはサイズ・ブランドが出てきます)
4.服のサイズはかなり大きく分かれています。

これでカテゴリーの選択は完了です。

商品によってはカテゴリーを悩むようなものも出てきますが、おおよそ購入者が把握する事ができれば問題ないかと思います。

ちなみに全てのカテゴリー一覧を確認できます。

商品の状態を選択

 

1.【商品の状態】をタップ
2.出品する商品の商品の状態を選択

以上です。

簡単でしょ?しかし、状態って正直、人それぞれだと思いませんか?出品者にとって未使用に近いと思っても、購入者からしたら違う場合もあるかと思います。

メルカリガイドを参照してください。

新品、未使用:購入してからあまり時間が経っておらず、一度も使用していない
未使用に近い:数回しか使用しておらず、傷や汚れがない
目立った傷や汚れなし:よく見ないとわからない程度の傷や汚れがある
やや傷や汚れあり:中古品とわかる程度の傷や汚れがある
傷や汚れあり:誰がみてもわかるような大きな傷や汚れがある

出典元:メルカリ┃商品の状態について

これを基準にして、商品の状態を選んでいきましょう。

写真撮影の部分でもお話しましたが、しっかりと傷や汚れの画像を投稿する事で不利になる事はございません。しっかりと商品の状態を画像として投稿し、適した状態を選択すればトラブルにならずメルカリを楽しむ事ができるかと思います。

次のStepへ

>>Step3.「メルカリ 検索される・売れる商品名の書き方・コツ」

タイトルとURLをコピーしました