【経済産業省 動きます】経済産業省よりマスク転売自粛の要請。メルカリの発表。

トレンドニュース

コロナウイルス感染予防に必要なマスク、消毒剤等お店では品薄状態が続いており、どこに行っても手に入れる事が難しい状態です。

ようやく経済産業省が公式発表をしました。そんなお話を紹介します。

コロナウイルス感染予防商品の売切れと高値出品

コロナウイルスに対して、メディアが取り上げる頻度と伴ってマスクの品薄状態が増加していきました。

既に2020年1月下旬には既に売切れのお店もたくさんある状態でした。

しかしながら、メルカリをはじめとするフリマアプリサイトやヤフオク等のオークションサイトでは容易に購入する事ができました。

それはなぜか?・・・需要と供給のバランスが崩れ、定価の何倍もの値段で売られていても買ってしまう人がたくさんいたからです。

残念ながら、こんな緊急事態にも関わらずメルカリでは高値での出品が爆発的に増加し続けました。

メディアではフリマアプリで高値で出品されている事を報じ、メルカリから一回目の協力という形で公式ページより発表がありました。

メルカリ:第一回目の公式発表(2020年2月4日)

いつもご利用いただきありがとうございます。

昨今、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクの需要が急激に高まり、日本全国でマスクが品薄状態になっております。

それに伴い、メルカリ上でもマスクの出品数・購入数が増加しております。

マスクは禁止出品物には該当しませんが、利用者の皆さまにおかれましては、社会通念上適切な範囲での出品・購入にご協力をお願いいたします。

また、お客さまのお取引の状況によっては、事務局から入手経路を確認させていただく場合や、商品の削除・利用制限等を行わせていただく場合もございます。

お客さまにメルカリを安心・安全にご利用いただくため、ご理解とご協力をお願いできますと幸いです。

今後ともメルカリをよろしくお願いいたします。

出典元:メルカリ┃マスクの取引に関するご協力のお願い

上記の内容がメルカリが発表した内容でした。

しかしながら、あくまで出品の禁止ではなく、お願いという形でした。

その後ですが、もちろん出品がゼロになるわけではありませんでした

次々に高値で出品され、販売されていきました。

更にメディアではマスクだけでなく、感染予防グッズ(アルコール除菌)の売切れが目立った事から更にフリマアプリので高値での転売について報道するようになりました。

これらを受けて、メルカリから二回目の発表がありました。

メルカリ:第二回目の公式発表(2020年2月27日)

いつもメルカリをご利用いただきありがとうございます。

昨今、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、マスクなどの感染予防用品の需要が急激に高まり、日本全国で品薄状態になっております。

メルカリでも、社会通念上適切な範囲でのマスクの出品・購入をお願いし、取引状況によっては入手経路の確認や商品の削除・利用制限等を行ってまいりました。

しかしながら、現在の状況に鑑み、マスクに加え以下の商品についても入手経路の確認や商品の削除・利用制限等の対象とさせていただきました。

・除菌用ウェットティッシュ

・除菌用ハンドジェル

・消毒用アルコール

・その他、コロナウイルス感染の予防を謳った商品

お客さまにメルカリを安心・安全にご利用いただくため、ご理解とご協力をお願いできますと幸いです。

今後ともメルカリをよろしくお願いいたします。

出典元:メルカリ┃マスクなど感染予防用品の取引に関するご協力のお願い

マスク以外の削除対象となり得る商品が増えましたが、残念ながら、今回もお願いという形の発表でした。

その後も出品は続いています。

その翌日に経済産業省からマスク及び消毒剤のオークション出品の自粛に関する発表がありました。

経済産業省:マスク・消毒剤のオークション出品の自粛の公式発表

マスク及び消毒剤のオークション出品の自粛
経済産業省では、転売目的での買い占めを防止するとともに、既に転売目的で保有しているマスクを市場に供給するため、従来の高値取引の自粛から更に一段取り組みを進め、一定期間後オークションへの出品自体の自粛を求めます。

具体的には、ネットオークション事業者に協力を求め、令和2年3月14日(土)以降当分の間、マスク及び消毒液の出品の自粛を要請します。

出典元:経済産業省┃マスク、消毒液の適切な供給について(2月28日)

正直、遅すぎる発表だったかと思います。

今までメディアで高値での転売について散々報道されていたし、品薄状態が続いて1カ月程経ってから、ようやく発表ですか?

色々言っても仕方がないので、とりあえず3月14日から転売禁止になりますので、不必要な大量購入はやめましょう。

メルカリ:第三回目の公式発表(2020年2月28日)

いつもご利用いただきありがとうございます。

コロナウイルス感染拡大の影響を受け、SNS等でトイレットペーパー等、感染予防品以外の生活用品についても品薄状態であるとの情報が出回っておりますが、経済産業省から「通常通りの供給が続いており、冷静に行動してほしい」との発表もなされております。

また、現在のところ、一連の報道にありますトイレットペーパーやティッシュペーパーの取引が著しく増えたという事実はございません。

メルカリをご利用の皆さまにおかれましても、社会通念上適切な範囲での出品・購入にご協力をお願いいたします。

メルカリは、個人間で自由に取引ができるマーケットプレイスとして、さまざまな立場、さまざまなニーズのお客様にご利用いただいております。

皆さまと共に安心・安全なマーケットプレイスを運営していくため、メルカリは利用ルールの整備やマナーの呼びかけを随時行って参ります。引き続きのご理解とご協力をいただけますと幸いです。

引き続きメルカリをよろしくお願いいたします。

出典元:メルカリ┃コロナウイルス感染拡大に伴う生活用品等の取引について

現在、メルカリでのトイレットペーパー・ティッシュペーパーは出品禁止になりました。

2020年3月10日に新たな政令が閣議決定されました。

タイトルとURLをコピーしました