スポンサーリンク
スポンサーリンク

【悲報】2022年6月16日正午よりメルカリ便送料値上げへ。最新版『3cmより厚い送料最安値早見表』公開中!!

レベル5 メルカリ便・送料のまとめ【中級者向け】

2022年5月16日、メルカリアプリにて衝撃のお知らせが届きました。

【らくらく・ゆうゆうメルカリ便配送サービス料金改定のお知らせ】とのことでした。

少し早いですが、料金改定後の『3cmより厚い送料最安値早見表』をまとめましたので、今後の参考にしてみて下さい。新たな配送方法の選択肢が広がるかもしれません。

最新版『厚さ3cm以内の送料最安値早見表』はこちらから

【悲報】2022年6月16日正午よりメルカリ便送料値上げへ。最新版『厚さ3cm以内の送料最安値早見表』公開中!!
2022年5月16日、メルカリアプリにて衝撃のお知らせが届きました。【らくらく・ゆうゆうメルカリ便配送サービス料金改定のお知らせ】とのことでした。少し早いですが、料金改定後の『厚さ3cm以内の送料最安値早見表』をまとめましたので、今後...

料金改定はいつから?

メルカリのお知らせからご存知の通り、お知らせのあった1カ月後の

2022年6月16日正午から

料金改定となります。1年8カ月ぶりの値上げとなるとのことです。

利用料金改定のタイミングとして

出典元:【6/16(木)より】メルカリ便の配送サービス利用料金を改定いたします | メルカリびより【公式サイト】 (mercari.com)

メルカリがわかりやすく図解してくれています。

送料が確定するのは『商品の購入のタイミング』で、『商品の発送のタイミング』は関係ありません。

6月16日正午前までに購入されたなら旧料金で、正午後過ぎに購入されたなら新料金となります。

商品が売れやすくなる!?

過去に送料の改定が実施された時もそうでしたが、送料が数十円でも値上がりすれば、出品者は利益確保の為、販売価格の値上げをせざるを得ません。

同じ商品が6月16日以降に値上がりする前に「買おう!」と思うのが自然かと思います。食用油や小麦粉の値上げがニュースで流れると、買いだめをするのと一緒ですね。

なので、気になっている商品は早めに購入し、出品者の方はまだ出品していない商品があれば早めに出品するようにしましょう。

何故値上げ!?

メルカリは『物価上昇などの社会情勢を総合的に鑑みた結果、メルカリ便配送サービスを継続していくため』と発表しているようです。

これだけガソリンの高騰が続いている中で、今まで値上げもせずに頑張ってくれた事に感謝をしなければなりません。メルカリ便という便利なサービスの継続と新たなサービスが提供される事を期待しましょう。

3cmより厚い送料最安値早見表

現在~6月16日正午

6月16日正午~

新旧送料の比較

  • ゆうパケットポスト:200円→215円(15円値上げ)

今回の値上げで最も影響のなかった配送方法となります。ゆうパケットポストはポスト投函限定の荷物が対象となる為、ポストから荷物を回収する作業は変わらずという事で大幅な値上げに繋がらなかったのだと考えられます。

  • ゆうパケットプラス:375円→455円(80円値上げ)
  • 宅急便コンパクト:380円→450円(70円値上げ)

ゆうパケットプラスと宅急便コンパクトはレターパックプラスと比較をすると、多少サイズが小さいですが送料が安く、匿名配送というメリットがあった為、利用する傾向にありました。

しかし、今回の値上げで専用の梱包材を含めた合計の送料がレターパックプラスと同じ520円になってしまいました。今後のレターパックプラスの使用頻度増加が予想されます。

  • 定形外規格外郵便 500g:510円

普通郵便はメルカリ便ではないので値上げはありません。今までは、ほとんどの厚みのある荷物は『ゆうパケットプラス』や『宅急便コンパクト』を利用してきた方が多いのではないかと思われます。何故なら、『定形外規格外郵便 500g』よりも送料が安く、匿名配送というメリットであった為です。

しかし、今回の値上げで『定形外規格外郵便 500g』の方が『ゆうパケットプラス』、『宅急便コンパクト』よりも10円安く配送する事ができるので、最安値早見表に記載させてもらうことになりました。

10円でも安く発送したいという方には『定形外規格外郵便 500g』も選択肢の一つになりえるかと思われます。

  • ゆうパック60サイズ:700円→770円(70円値上げ)
  • ゆうパック80サイズ:800円→870円(70円値上げ)
  • ゆうパック100サイズ:1000円→1070円(70円値上げ)

  • 宅急便60サイズ:700円→750円(50円値上げ)
  • 宅急便80サイズ:800円→850円(50円値上げ)
  • 宅急便100サイズ:1000円→1050円(50円値上げ)
  • 宅急便120サイズ以降:100~150円値上げ
  • 集荷サービス:30円→100円(70円値上げ)

100サイズまでのゆうパックは70円ずつ、宅急便は50円ずつ値上げされます。120サイズ以降は宅急便のみでの配送となる為か100円~150円での値上げとなります。

という事は、どちらでも良いという方にとっては『らくらくメルカリ便の宅急便』を選択した方が送料を安くすます事が出来ますね。

残念な点として、らくらくメルカリ便でのみ可能な『集荷サービス』が大幅な値上げとなってしまった点です。重たい荷物の発送の時こそ、集荷サービスを利用させてもらっていたのに…。

今までのように気軽に使えない料金となってしまいました。やはり、わざわざ荷物を集荷する為に客先へ出向く分、燃料費、人件費が高くついてしまうのでしょう。

SNS上でのリアクション。他フリマアプリに乗り換えか!?


やはり値上げについてショックを隠せないユーザーがほとんどです。

今回の送料値上げで多少なりとも、ユーザーが他フリマアプリへ流れていってしまうかと思います。また、メルカリと他フリマアプリに同時出品して無在庫販売のようなトラブルにならないようにしてほしいです。

タイトルとURLをコピーしました