旧料金のミニレターやレターパック使えるの?ポスト投函はいつから値上げ?

レベル5 メルカリ便・送料のまとめ【中級者向け】

2019年10月の消費税が8%から10%への増税に伴い、ミニレターレターパックの送料の値上げが行われました。

まだ記事を読んでという方がいらっしゃいましたら、こちらの記事も読んでみて下さい。

そこで今まで使っていた『専用封筒は今後使えるのか?』『どのように使うのか?』『値上げ前ギリギリにポスト投函された荷物の送料はどっち?』という点を紹介していきたいと思います。

今では古いタイプの専用封筒は販売されていないかと思いますが、増税前に購入した専用封筒がご自宅にあったりする場合にはこの記事を参考にしてみて下さい。

メルカリで使い勝手の良い封筒2種について

まずは、メルカリ便以外での専用封筒がある発送方法をご紹介したいと思います。

ミニレター(郵便書簡)

送料新料金(62円➡63円)
サイズ16.4cm×9.2cm以内
厚さ1cm以内まで
重さ25gまで(本体9gを含む)
ポスト投函
速達・追跡○(追加料金必要)

便箋用に使用する事で文章を書く部分が通常のハガキと比べ、5倍もある便利なミニレター。通常であれば便箋として使うのですが、メルカリではどのような用途として使用できるのでしょうか?

ミニレターのメリット
  • 優待券、写真、シールやカードなどの厚さ1cm以内のものであれば、定型郵便として(新料金:82円➡84円)送るより、21円安く送れる。
  • 物を送るというカテゴリーで最安値
ミニレターのデメリット
  • 需要が低い為、コンビニでの入手が困難。小さな郵便局では多く在庫がない事もあるとのこと。
  • 厚さ1cm、重さ25gまでと利用頻度が少ない。

レターパック

 レターパックライトレターパックプラス
送料新料金(360円➡370円)新料金(510円➡520円)
サイズA4サイズA4サイズ
厚さ3cm以内まで無制限
重さ4kg以内4kg以内
ポスト投函△(厚さによって)
追跡○(追加料金不要)○(追加料金不要)
配達方法郵便受けにお届け対面でお届け

レターパックは2種類あります。

サイズや配達方法等異なってきますので、用途に応じて選んでみて下さい。

レターパックライト

メリット
  • ゆうパケットは重さ上限が1kg以内なので、A4サイズ厚さが3cm以内で1kg以上の重さの荷物には便利です。
  • 郵便受けに入らない場合は、対面で届けてくれる。
デメリット
  • A4サイズ厚さ3cm、1kg以上と利用頻度が低い。

レターパックプラス

メリット
  • 専用封筒に入るものであればどんな大きさでも可能な為、箱型に形成する事で厚さ10cmまで入れる事ができます。

  • サイズがそこまで大きくなく、重さ4kg以内であれば、メルカリ便よりも安い。
デメリット
  • 箱型に形成する為の技術が必要。

タイトルとURLをコピーしました