全国のセブンイレブン・ローソンで買えるメルカリ専用の梱包材を解説します。つつメルすぽっととの比較も。

経験値2 新・旧機能の紹介

メルカリで商品を出品する中で多くの方が悩まれている問題のひとつとして、

『梱包材』の準備が挙がっています。

もちろん、普段の買物やメルカリの買物等で届いたプチプチを取っておいたり、丈夫で綺麗なショッピングバッグを保管しておき再利用する方も多くいらっしゃいます。

しかしながら、売れた商品の種類によっては梱包材を丁寧にやらなければならない時もあります。

しかし、手元に適した梱包材がない・・・なんてことも多々あります。

今回は、新たにコンビニで購入できるようになったメルカリ専用の梱包材を紹介していきたいと思います。

 

今回のキーワード

 

  • 『つつメルすぽっと』で利用できる梱包材との違い
  • メルカリストア・コンビニで購入できる梱包材
  • 取り扱い店舗

 

『つつメルすぽっと』で梱包材は無料で使える

過去にも記事として投稿させて頂きましたが、全国50箇所の郵便局にて『つつメルすぽっと』として梱包材と梱包場所を無償で提供されています。まだ読んでいない方は、ぜひ読んでみて下さい。

売れたら郵便局で無料で梱包しよう♪つつメルすぽっと
2019年3月14日から首都圏の郵便局5箇所にて無料梱包資材と設置場所を設けてメルカリにて売れた商品を梱包、発送できるサービス「つつメルすぽっと」の実証実験が開始されていました。同年7月31日に実証実験の結果を踏まえ、新たに全国50箇所...
実際に『つつメルすぽっと』に行って感じた事・・・
Twitterにてツイートさせて頂いておりましたが、実際にとある『つつメルすぽっと』が設置してある郵便局へ行ってメルカリの商品の発送をして参りました。そこで本日はそこで感じた事や現地の写真の公開など紹介していきたいと思います。『つつメ...

 

 

無料配布されている梱包材の種類

 

  • ゆうパケット用の段ボール箱(約34cm×23cm×3cm)

 

  • 宅配用ビニール袋(45.6cm×31.2cm)

 

  • 包む為のわら半紙
  • テープ、はさみ等

 

『つつメルすぽっと』のメリット・デメリット

 

『つつメルすぽっと』のメリット

  • 無料で梱包材が手に入る。

まずは、無料で梱包材が手に入るというのは魅力的です。

ゆうパケット専用の段ボール箱はメルカリストアでは60円/枚。
宅配ビニール袋は19円/枚。

で販売・購入する事ができます。これらが無料で配られている事は出品者にとっては助かります。

 

  • 梱包する場所がある。

自宅ではなかなか梱包がしづらい状況であったり、梱包材がないから包む事もできないといった状況もあるかとは思います。しかし、梱包する場所も提供してくれるのは助かります。

 

  • 宅配ビニール袋がかわいい

メルカリの柄が入った専用のビニール袋となっています。見た目はすごくかわいいので、受け取った方にも喜ばれるかと思います。

 

『つつメルすぽっと』のデメリット

  • 梱包材の種類が少ない。

無料でもらえるだけでも感謝しなければならないのですが、無料で利用できる梱包材はゆうパケット専用の段ボールと宅配用ビニール袋のみとなっています。厚さが3cmを超える物は別の専用の段ボールを郵便局窓口で購入することが出来ます。

 

  • プライバシーの保護がない

前回の記事でもお話させて頂いていますが、隣の方や郵便局を利用する方がいても広いスペースで梱包しなければなりませんので、どんな商品を発送しているか目に入ってしまいます。あまり気にされない方は良いのですが、女性などは気にされることもあるかと思います。郵便局の店舗によって、雰囲気に違いがあるかと思います。

 

  • ゆうゆうメルカリ便でしか利用できない。

らくらくメルカリ便での発送を選択される方は利用できません。

 

  • 持って帰ってしまう方が多い。

メルカリ事務局は【持ち帰りはNG】と発表しているようですが、郵便局側では【メルカリの出品をしたら、最大3枚まで持ち帰りOK】としているところもあるようです。

メルカリボックス《つつメルすぽっとの梱包材を持ち帰る人を見ましたが・・・》

また大変残念な事ですが、メルカリが無償で提供してくれている梱包材をメルカリでも堂々と出品している方もいらっしゃいます。
【つつメルすぽっと】や【ゆうパケット 箱】で検索してみて下さい。

こういったメルカリが行うサービスは利用者にとってメリットのある内容で大変満足しています。しかし、こういったルールやモラルを守れない方々がいるせいでサービスが終了してしまう可能性があるのは納得しかねます。事務局の方のご対応と、他利用者が購入しない事・通報をする事にご協力お願いします

 

メルカリ梱包材の購入できる店舗と価格

2019年10月より、全国のセブンイレブン・ローソンにてメルカリの梱包材の販売が開始されました。

 

購入できる店舗

 

全国のセブンイレブン・ローソン

 

ファミリーマートは?

2019年9月30日まで都内一部店舗のみでテスト販売されていましたが、現在は終了しています。2019年10月末現在では、メルカリより全店舗ファミリーマートでの梱包材販売の発表はありません。大手コンビニ2店舗でも取り扱いがある為、今後販売を開始する可能性は考えられます。

 

取り扱い商品と価格

セブンイレブン

 

  • ビニール袋(5枚)    :140円
  • クッション封筒(2枚)  :130円
  • 宅急便コンパクト      : 69円 
  • ネコポス用段ボール     : 66円

 

ローソン

 

  • 宅配ビニール袋(5枚)      :141円
  • クッション封筒(2枚)      :131円
  • ゆうパケット用段ボール箱(1枚) :65円
  • オリジナル圧縮袋(2枚)     :141円 NEW
  • ゆうパケットプラス専用箱(1枚) :65円 NEW

 

すべての商品はメルカリストアの価格と比べ、複数と単数と違いはありますが、価格に違いはありません。

 

各コンビニでの取り扱い梱包材の違い

各コンビニで提携している配送業者が異なる為、専用の梱包材は置いていない場合が考えられます。

セブンイレブンの提携している配送業者はクロネコヤマト。
ローソンの提携している配送業者は日本郵便。

その為、取り扱う専用の梱包材(ゆうパケット用・ネコポス用)は各コンビニでしかありません。

ゆうゆうメルカリ便で発送を選択した方は、ローソンへ。
らくらくメルカリ便で発送を選択した方は、セブンイレブンへ。

 

メルカリストアでの取り扱い商品と価格

 

メルカリストアでは複数枚がセットになって販売されており、一部商品は送料無料となっています。メルカリストアでの購入合計金額が2000円以上で送料が無料となります。

 

メルカリストアとコンビニでのメルカリ梱包材の違い

  • 複数枚か一枚単位か

大きな違いとしては、複数枚で購入するか一枚単位で購入できるかの違いが大きいでしょう。値段として変わりませんし、お近くにコンビニがあれば、いつでも帰るのはコンビニのメリットでしょう。

 

  • いつでも梱包できる

夜中に売れたりしたら、24時間営業しているコンビニで梱包材の購入が出来て、便利です。また、コンビニでの梱包も可能ですので、商品を持っていって、そのまま発送までできます。

 

これにてコンビニで発売されているメルカリ専用の梱包材の紹介とさせて頂きます。

タイトルとURLをコピーしました