【注意喚起】メルカリの受取評価後に商品の欠品に気づいた!どうする?受取評価前だったら?

経験値1 トラブル・規約(違反)を学ぶ

メルカリで購入した商品が届いたら嬉しいですね。

ただ、仕事とかで忙しくて商品の中身をしっかり確認できない時ってありますよね。

そんな時、中身の確認をざっとだけ確認してから受取評価をしていませんか?

それって本当に危険です。

今回はメルカリの受取評価後に欠品に気づいた時どうすればいいか紹介していきたいと思います。

受取評価前に欠品に気づいた場合

まずは受取評価をする前に商品の欠品に気づいた場合あなたはどうすれば良いか紹介していきましょう。

欠品したパーツの発送依頼をする

まずはメルカリ事務局に問い合わせと思うかもしれませんが、この段階では事務局より「当人同士で話し合うように」と指示が出るだけです。

ですので、まずは欠品したパーツを発送するよう取引ページにてコメントをして下さい。もちろん、相手から欠品した商品が届くまで受取評価をしてはいけません。

ほとんどの出品者は謝罪し、欠品したパーツを発送してくれます。

対応してくれないケースもあるかもしれません。そういった場合は…

キャンセル・返品する

着払いでの返品の提案をしてください。そこで相手がどのような返答が来るか待ちましょう。

あなたの手元に届くまでの間に不備があった為、購入者に返品する為の送料は払わせるようにして下さい。何一つ不備の無いあなたは送料を払う必要はありません

商品の返品にはメルカリ便を利用する事が出来ません。トラブル防止の為、追跡サービス付きの配送方法をおススメします。

メルカリ:商品の返品手順について

メルカリ事務局へ問い合わせる

万が一、ごねて返品を拒否し続ける場合には、ここで問い合わせるようにしましょう。

その時の状況に応じてメルカリ事務局が提案をしてくれるかと思いますので、それに従うようにして下さい。また、ここまで来たら出品者は自分の非を認めずに何も行動を起こそうとしない傾向が多い為、あなた自身が動く必要があります。しっかりと協力を仰いだ上で行動してください。

また、事務局にはあなたが解決に向け、努力をしたことと出品者が何も動こうとしなかった事を報告して下さい。

何故なら、メルカリでは誠実に対応を心がけるようお願いをしています。不誠実な対応があった事実を事務局へ伝える事で規約違反と同等の処分が下る可能性があります。

自分の非を誠実に認め、しっかりと対応できる人がメルカリをやって欲しいですね。

購入者にとって、高額の商品であればある程、取引が完了するまで、時間も神経もすり減らす嫌な時間となってしまいます。

出品側も購入側もトラブルのないように注意を払って一つ一つの作業を行うようお願いします。

受取評価後に欠品に気づいた場合

それでは本題の受取評価後に欠品に気づいた場合の対応をまとめてあります。

まずは出品者へ連絡

基本的には「受取評価=購入した商品に対して、商品説明に書かれている通り問題がなかった」という事を認めてしまうことになります。

その為、メルカリ事務局は対応することが基本的には出来ませんし、出品者も取引が完了してしまっている為、対応する義務はありません。

しかし、良心的な出品者はあなたのコメントに返答し、対応してくれることもあります。ですので、購入した出品者の商品ページから丁重にコメント残し、返信を待つようにしましょう。

返信が来ない場合は残念ながら諦めるしかありません。

受け取り評価をしてしまうと出品者へ連絡する以外に解決する方法はありません。しっかりと確認した上で受け取り評価をするようにしましょう。

それではどのように防いでいくべきでしょうか?

受取評価後の欠品を防ぐ為に

もちろん、余裕を持って購入した商品に欠品が無いか確認する事は重要ですが、具体的にどのようにすればよいか紹介します。

商品を受け取るもすぐに商品の状態確認ができない事をコメントする

多くの方は仕事や学校から帰ってきてから荷物の確認する方が多いのではないかと思います。

しかし、疲れて荷物の確認がすぐに出来ない事が多いかなと思います。

翌日に荷物の確認ができる場合には「荷物を受け取りました。荷物の確認まで少しお時間頂く事ご容赦ください。明日の午前中までに必ず受取評価をさせて頂きます。」等とコメントをしてあげると親切かと思います。

荷物を受け取ってから受取評価をするまで期間が長くなってしまうと、低評価に繋がってしまう可能性があるので遅くとも翌日までに評価をした方が無難かと思います。

特にメルカリ便のような出品者にも商品の到着確認ができる配送方法であれば、しっかりと伝える事で「荷物が届いているのにいつまで確認しないんだ!」とイライラされず低評価を防ぐ事ができます。

組み立ての必要な商品は完全に組み立ててから受け取り評価をする

おもちゃや家具類などの小さなパーツがたくさんあるのであれば必ず組み立てから受取評価をするようにしましょう。

また、組み立てにも時間がかかるようであれば事前に商品を受け取った事、組み立てに時間がかかり、受取評価が遅れる事を伝えましょう。

まとめ

  • 受取評価前は欠品している商品の発送>キャンセル・返品>事務局への問い合わせとステップアップしていく。取引中の出品者の不誠実なコメントは事務局へ積極的に報告。
  • 受取評価後の欠品発見した際はまず出品者へ連絡。商品の欠品確認は必ず余裕を持ってやること。余裕がない場合には、商品確認で時間がかかる事を正直に出品者へ伝える事。
タイトルとURLをコピーしました